設備(配管・エアコン・ダクト・空調・上下水道)の修繕・工事・保守管理なら

お問い合わせ
0566-97-9265
0566-97-9265

TOP>実績紹介

実績紹介

クリーンルームトラブルのレスキュー「室圧の調整編」:クリーンルームの室圧がどうもおかしい。このままでは製品不良が発生するので、原因を特定して問題解決して欲しい。

電装部品を製造している工場様から、
「クリーンルームの能力が急に低下して、このままでは製造ラインに支障が出かねないので、
大至急原因を特定して修理してほしい」という依頼を受けたことがあります。

一般にクリーンルームでは、扉を開閉した時、
室内に塵埃を侵入させないために、外気圧よりも室内側を正圧に保ちます。

この工場では複数のクリーンルームをお持ちなのですが、
「どの部屋も室圧が0圧に近く、十分なクリーン度がキープできていない」と
青ざめておられました。

電装部品の製造工場にとってクリーンルームの不調は、
製品不良に直結する死活問題ですので、
工場が操業している間は絶対に止めることはできません。

きるだけ早く原因をつきとめて修理をしないと、
大量の製品不良が発生する恐れがあります。

30分かからずにお客様のもとへ駆けつけて、
クリーンルーム設備の症状をヒアリングしました。

設備を点検すると機械類は正常に動いており、電気系統の問題もありません。

しかし、実際の室圧は外気とほとんど変わらない低レベルで、
クリーンルーム内を正圧にするだけの能力が働いていません。

工場の管理スタッフも、設備面はひと通りチェックしてみたそうなのですが、
「直接的な原因が見つからない」とおっしゃいます。

こういう時は、闇雲に動いても原因特定はできないので、
可能性として考えられる箇所を、優先順位の高い所からひとつずつつぶしていき、
トラブルの発生原因を切り分けていくしかありません。

最もスタンダードな箇所からチェックをスタートさせ、
次第に探索範囲を狭めていくのですが、この時の原因究明は困難を極めました。

工場スタッフとともに、全項目をチェックしましたが、それでも原因がわかりません。

あと可能性として残るのは給排気系統のトラブルくらいなので、
ダクトを順番にたどっていくことにしました。

時間が刻々と過ぎていき、スタッフの焦りがピークに達しようとしたその時、
吸気用のダクトを見つけて、ピンと来るものがありました。

外気を直接取り入れる箇所なので、
ダクトの中には防塵用の金網か何かが貼ってあるのではないかと予想したのです。

ダクトをはずしてみると案の定、防虫網が取り付けてあり、
しかも網目が目詰まりするほどの埃が付着していました。

原因はこの目詰りでした。
十分な外気を取り込むことができず、
クリーンルーム用機器本来の機能が働いていなかったのです。

急いで掃除をすると設備の能力はみるみる回復し、
クリーンルーム内は適正な正圧にコントロールされ、
製品不良が発生する恐れもなくなりました。

ようやく人心地つくことができた工場管理スタッフの皆様からは、
「まさかこんなところに防虫網があるなんて、予想だにしなかった。
なんとか工場を止めずに対処できたのも、三神設備さんのおかげです」と
感謝の言葉を頂戴することができました。

【施工エリア】

安城市内、豊田市南部地区

三神設備株式会社

愛知県安城市今本町8丁目9番地12(> map
TEL:0566-97-9265 /FAX:0566-98-6584

Copyright(C) 2013 MIKAMI CORPORATION. All rights reserved.