設備(配管・エアコン・ダクト・空調・上下水道)の修繕・工事・保守管理なら

お問い合わせ
0566-97-9265
0566-97-9265

TOP>実績紹介

実績紹介

空調トラブルのレスキュー「暖房運転編」:真冬のエアコン、暖房運転中に配管から水があふれだし、工場内が水浸しに。急いで修理しないと、製造ラインに損害が発生する!

零下の日が続く真冬の朝、操業を始めたばかりの製造工場様からSOSの電話がありました。

エアコンを暖房運転にして工場の操業を始めたところ、配管から水があふれだし、
「みるみるうちに工場内が水浸しになってしまった。急いでなんとかして!」
というレスキュー依頼です。

車で急行すると、工場の床一面に水たまりができています。
このままでは高価な製造設備に損害を与える可能性もあるので、
急いで原因の特定と応急処置をしなければなりません。

エアコンは一般に冬の暖房運転では、
室内の乾燥を防ぐため加湿しながら室温を暖めているのですが、
湿気の50%ほどは戸外に放出しています。

おそらくこの浸水は、戸外に放出されるべき水が逆流しているものと思われます。
しかも、これだけの量の水が室内に逆流しているということは、
排水管がどこかで目詰りしているとしか考えらえません。

真冬の排水管のトラブルでよくあるパターンは、
外気に触れている配管部分の水が凍結して排水管をふさいだり、
破裂したりするトラブルです。

そこでレスキュー隊員はまず、
排水管の最終出口であるドレン管をチェックしに行きました。

近づいて見ると予想通り、ドレン管と地面の間に太いつららができていて、
きっちりと排水口にフタをしていました。

この寒さで水滴がつららになり、少しずつ固まって成長し、
ついに排水口をふさぐ太さになっていたのです。

急いでつららを取り除くと、溜まっていた水がどっと放出され、
とりあえず工場内への水の逆流は収まりました。

しかし、このままにしておけばまたトラブルが再発するので、
配管を切断して、 ドレン管と地面の間につららができない程度の
十分な距離を確保することにしました。

以来、同様のトラブルは発生することがなくなりました。

工場の担当者様からは、
「急いで駆けつけてくれ、しかも迅速に原因を見つけ出し対処してくれた。
さすがは三神設備さん」とお喜びいただきました。

【施工エリア】

安城市内、豊田市南部地区

三神設備株式会社

愛知県安城市今本町8丁目9番地12(> map
TEL:0566-97-9265 /FAX:0566-98-6584

Copyright(C) 2013 MIKAMI CORPORATION. All rights reserved.